2017年6月12日月曜日

医学総合特論パイオニアセミナー・ 第121回実験実習支援センターセミナー開催のお知らせ

 医学総合特論パイオニアセミナー・第121回実験実習支援センターセミ
ナーを、下記の通り開催いたします。
 
                記

 ■ 演 題: 幹細胞の未分化性におけるα1,3フコース転移酵素の機能解析

 ■ 演 者: 等 誠 司
       (滋賀医科大学 生理学講座統合臓器生理学部門 教授) 

 ■ 日 時: 平成29年6月12日(月)17:40〜19:20

 ■ 場 所: 臨床講義棟1階 臨床講義室1

<講演要旨>
 神経幹細胞やES細胞、iPS細胞のような幹細胞は、周囲の環境や細胞からシグナルを受け取って、未分化性(さまざまな細胞に分化しうる、いわゆる”万能性”)を保っています。細胞同士の情報交換の際には、細胞の表面に発現しているタンパク質だけではなく、タンパク質に付いている糖鎖も大きな役割を担っています。幹細胞の未分化性に深く関わる糖鎖として、LewisX抗原がよく知られていますが、私たちはLewisX抗原の生合成に関わる酵素(α1,3-フコース転移酵素と呼ばれます)のうち、神経幹細胞に豊富に発現するFut10 に注目し、その機能を詳しく調べています。これまでの解析では、Fut10 はES細胞や他の多くの幹細胞にも発現していて、幹細胞の未分化性を保つために重要な働きを担うと推測しています。Fut10 が、どのようにしてLewisX抗原を付加する糖タンパク質を見つけ出し、幹細胞の状態によってLewisX抗原の量を調節しているのか、理解したいと思っているのに加え、幹細胞の振る舞いを制御できるようになれば、例えば神経幹細胞やiPS細胞を利用した再生医療にも生かせる知識を得られると考えて、鋭意研究を進めています。

※「医学総合特論パイオニアセミナー・第121回実験実習支援センターセミナー開催のお知らせ」より転載

2017年5月8日月曜日

第120回実験実習支援センターセミナー開催のお知らせ

第120回実験実習支援センターセミナーを、下記の通り開催致します。
 
               記

 ■ 演 題: クロロフィルの化学修飾とその分子集合体による機能発現
      
 ■ 演 者: 宮武 智弘(龍谷大学理工学部物質化学科教授)

 ■ 日 時: 平成29年5月12日(金)17:00~

 ■ 場 所: 基礎研究棟2階 教職員ロビー


<講演要旨>
 クロロフィルは光合成において光の捕集とエネルギー変換に関わる重要な
成分であり、その分子の構造はテトラピロールと呼ばれる環状の骨格の中心
にマグネシウムイオンが配位したものである(図1左)。環の周辺にはいく
つかの置換基が配置され、これらの置換基の違いはクロロフィルの光吸収特
性に影響を与えており、光合成生物はその生育環境に適した構造のクロロ
フィルを利用している。一般に光合成器官では、たくさんのクロロフィル分
子がタンパク質の中で機能発現に適した位置に並べられている。こうして光
合成生物はクロロフィルを並べることで分子間で効率の良いエネルギー(励
起エネルギー)移動および電子移動を可能とし、光捕集・エネルギー変換を
実現している。
 ここでは、生体より抽出したクロロフィルを有機化学の手法を用いて改変
した“修飾クロロフィル”(図1右)を合成し、それを組織化させた分子集合
体(図2)を創製する。クロロフィルのテトラピロール骨格およびその周辺
の置換基を変換することにより、その光吸収特性や分子集合体の構造を変化
させ、クロロフィルの新たな機能を見出すことを目的としている。これまで
の研究から、水に不溶であるクロロフィルに親水性の置換基を導入すること
で、クロロフィルの分子集合体を水中で安定に形成できることを見出した。
また、脂質二分子膜中でクロロフィル類を集積化させることによって特異的
な発光特性を発現させるなど、様々な媒体中で“修飾クロロフィル”が興味深
い物性、機能をもたらすことが明らかとなってきた。

図1、図2は、以下をご参照ください。
http://wwwcrl.shiga-med.ac.jp/home/seminar/center_sem/no120.html

◆本セミナーは、生命科学講座 化学・実験実習支援センターの共催で開催
 いたします。

================================================================  
 本セミナーは、大学院博士課程「医学総合特論」の認定セミナーです。
================================================================ 

※「第120回実験実習支援センターセミナー開催のお知らせ」より転載

2017年3月9日木曜日

<論文>中林 瑠美


Misako Nakayama , Yasushi Itoh , Shintaro Shichinohe , Rumi Nakabayashi ,
Hirohito Ishigaki ,Yoshihiro Sakoda , Quynh Mai Le , Yoshihiro Kawaoka ,
 Hiroshi Kida , Kazumasa Ogasawara

Potential risk of repeated nasal vaccination that induces allergic reaction
with mucosal IgE and airway eosinophilic infiltration in cynomolgus
macaques infected with H5N1 highly pathogenic avian influenza virus

Vaccine 35 (2017) 1008–1017

2017年3月6日月曜日

第26回コースミーティングを開催しました。

演 題:「ヒトKv1.5チャネルと抗不整脈薬ベプリジルとの相互作用について(中間報告)」

発表者: 松原 一樹(第5学年)


Title:
Interaction of an antiarrhythmic drug bepridil with human Kv1.5 channel through specific amino acids within the pore region (progress report).

Abstract:
Because human Kv1.5 (hKv1.5) channels are highly expressed in cardiac atria but are scarce in ventricle, pharmacological blockade of hKv1.5 has been regarded as an effective strategy for prevention and treatment of reentry-based atrial tachyarrhythmia such as atrial fibrillation. Although the antiarrhythmic drug bepridil has been reported to inhibit hKv1.5 channel, there is little information as to the amino acids in the pore region of hKv1.5 which bepridil interacts with. Thus, this study was undertaken to examine the effect of bepridil on hKv1.5 channel and to elucidate the underlying molecular determinants. Site-directed mutagenesis was carried out to introduce single point mutants (T462C, T479A, T480A, A501V, I502A, V505A, I508A, L510A, V512A and V516A) into hKv1.5 cDNA by using a QuikChange XL kit. Whole-cell patch-clamp technique was used to record membrane currents from hKv1.5 wild type and mutant channels heterologously expressed in Chinese hamster ovary cells. Bepridil concentration-dependently blocked hKv1.5 current. In addition, bepridil-induced current block gradually progressed during the depolarizing pulse, suggesting that bepridil preferentially block the channels as an open-channel blocker. Moreover, the degree of current block by bepridil was significantly attenuated in I502A, L510A and V516A, but not in other mutants. Our results indicate that, several amino acids within the S6 domain (Ile502, Leu510 and Val516) are critically involved in bepridil-induced inhibitory effect on hKv1.5 channel. The analysis of other mutant channels (H463C, R487V and A509G) and the docking simulation are scheduled to be conducted.



2017年2月10日金曜日

<論文>奥長 隼

著  者 : 奥長 隼、森田 沙斗武、西 克治、宇野 亜加里、中川 季子、
       古川  智之、一杉 正仁

 
タイトル : 写真画像処理ソフトウェアを用いた小脳顆粒細胞層核密度の検討

掲  載 : 法医病理 22(2): 83-86, 2016.

<論文>西野裕香、野土希実


Mariko Omatsu-Kanbe, Nozomi Nozuchi, Yuka Nishino, Ken-ichi Mukaisho, Hiroyuki Sugihara and Hiroshi Matsuura

                                        

Identification of cardiac progenitors that survive in the ischemic human heart after ventricular myocyte death

 
Sci Rep. 2017, 7: 41318. doi: 10.1038/srep41318.