2017年3月9日木曜日

<論文>中林 瑠美


Misako Nakayama , Yasushi Itoh , Shintaro Shichinohe , Rumi Nakabayashi ,
Hirohito Ishigaki ,Yoshihiro Sakoda , Quynh Mai Le , Yoshihiro Kawaoka ,
 Hiroshi Kida , Kazumasa Ogasawara

Potential risk of repeated nasal vaccination that induces allergic reaction
with mucosal IgE and airway eosinophilic infiltration in cynomolgus
macaques infected with H5N1 highly pathogenic avian influenza virus

Vaccine 35 (2017) 1008–1017

2017年3月6日月曜日

第26回コースミーティングを開催しました。

演 題:「ヒトKv1.5チャネルと抗不整脈薬ベプリジルとの相互作用について(中間報告)」

発表者: 松原 一樹(第5学年)


Title:
Interaction of an antiarrhythmic drug bepridil with human Kv1.5 channel through specific amino acids within the pore region (progress report).

Abstract:
Because human Kv1.5 (hKv1.5) channels are highly expressed in cardiac atria but are scarce in ventricle, pharmacological blockade of hKv1.5 has been regarded as an effective strategy for prevention and treatment of reentry-based atrial tachyarrhythmia such as atrial fibrillation. Although the antiarrhythmic drug bepridil has been reported to inhibit hKv1.5 channel, there is little information as to the amino acids in the pore region of hKv1.5 which bepridil interacts with. Thus, this study was undertaken to examine the effect of bepridil on hKv1.5 channel and to elucidate the underlying molecular determinants. Site-directed mutagenesis was carried out to introduce single point mutants (T462C, T479A, T480A, A501V, I502A, V505A, I508A, L510A, V512A and V516A) into hKv1.5 cDNA by using a QuikChange XL kit. Whole-cell patch-clamp technique was used to record membrane currents from hKv1.5 wild type and mutant channels heterologously expressed in Chinese hamster ovary cells. Bepridil concentration-dependently blocked hKv1.5 current. In addition, bepridil-induced current block gradually progressed during the depolarizing pulse, suggesting that bepridil preferentially block the channels as an open-channel blocker. Moreover, the degree of current block by bepridil was significantly attenuated in I502A, L510A and V516A, but not in other mutants. Our results indicate that, several amino acids within the S6 domain (Ile502, Leu510 and Val516) are critically involved in bepridil-induced inhibitory effect on hKv1.5 channel. The analysis of other mutant channels (H463C, R487V and A509G) and the docking simulation are scheduled to be conducted.



2017年2月10日金曜日

<論文>奥長 隼

著  者 : 奥長 隼、森田 沙斗武、西 克治、宇野 亜加里、中川 季子、
       古川  智之、一杉 正仁

 
タイトル : 写真画像処理ソフトウェアを用いた小脳顆粒細胞層核密度の検討

掲  載 : 法医病理 22(2): 83-86, 2016.

<論文>西野裕香、野土希実


Mariko Omatsu-Kanbe, Nozomi Nozuchi, Yuka Nishino, Ken-ichi Mukaisho, Hiroyuki Sugihara and Hiroshi Matsuura

                                        

Identification of cardiac progenitors that survive in the ischemic human heart after ventricular myocyte death

 
Sci Rep. 2017, 7: 41318. doi: 10.1038/srep41318.

2017年1月23日月曜日

第119回実験実習支援センターセミナー開催のお知らせ

第119回実験実習支援センターセミナーを、下記の通り開催致します。

               記

 ■ 演 題: イオン会合能を有するπ電子系の合成と超分子集合化
      
 ■ 演 者: 前田 大光(立命館大学生命科学部教授)

 ■ 日 時: 平成29年1月24日(火)17:00~

 ■ 場 所: 臨床講義棟 臨床講義室2


<講演要旨>
 有機合成手法を駆使して所望のπ電子系を構築し、非共有結合相互作用
を利用した適材適所への配置により、半導体物性や光電変換能を発現する
機能性材料への展開が可能となる。われわれのグループでは、イオン会合
能を有するπ電子系を合成し、そのイオン会合体を疑似的なπ電子系イオ
ンとして利用することで、イオンペアからなる次元制御型集合体(低次元
性結晶、超分子ゲル、液晶など)を創製し、電子物性の探索を行ってきた。
本講演では、ピロール環を構成ユニットとするイオン応答性π電子系の基
礎的な性質にも焦点をあて、溶液中での発光物性やキラル光学特性も含め
て、化学センサとしての可能性に関して、具体例を挙げて紹介する。[1]

[1] 羽毛田洋平・山門陵平・前田大光 有機合成化学協会誌 2016, 74 (3),
243–253.


◆本セミナーは、生命科学講座 化学・実験実習支援センターの共催で開催
 いたします。


===================================================   
 本セミナーは、大学院博士課程「医学総合特論」の認定セミナーです。
=================================================== 



※「第119回実験実習支援センターセミナー開催のお知らせ」より転載。  

2017年1月18日水曜日

第25回コースミーティングを開催しました。


演 題: 偶然は運命を知らせるか

発表者: 田中 葵(第5学年)

<発表要旨>
 胎生期の哺乳類の脳では、脳構築に必要な神経細胞およびグリア細胞が大量に産生されるが、発生の段階によって作られる細胞の種類が変化していくことが知られている。そしてこれらすべての細胞を生むとされるのが神経幹細胞である。
耳慣れた単語となった(神経)幹細胞だが、その実態は未知の部分を多く残している。たとえば、集団としての神経幹細胞は確かにすべての神経系の細胞の起源だが、個々の神経幹細胞のヒストリーはどうなっているのだろう。私が調べているのは、ひとつひとつの神経幹細胞の行方である。
ひとつの神経幹細胞を追いかけるためには、それを他から識別するためのラベルが必要だ。ひとつひとつバラバラに割り当てられて、しかも一度ラベルしたら途中で消えることがないもの。そのラベルを追いかければ個々の細胞の挙動を追跡できるのではないか。果たしてそれはいかにして可能か。
プロジェクトの見取り図と実際をお話しようと思います。